All Categories

Japan growth strategy sets sights on shift to IT

By Takaya Yamaguchi and Stanley White
Japan aims to encourage its companies to focus more on cutting-edge information technology such as artificial intelligence, but analysts doubt the latest draft of the government’s growth strategy will be substantive enough to revitalize the economy.
The government wants to promote start-ups and more investment in fields such as the “Internet of Things,” which allows everyday appliances to communicate with each other via the Internet, the government said on Thursday.
The government’s plans match a copy of the draft obtained earlier by Reuters.
Prime Minister Shinzo Abe’s government also wants to continue promoting the use of industrial robots, according to the draft, which lacked details on the exact steps the government will take.
The government will likely add more details to the plan before crafting a final version of the growth strategy due at the end of this month.
Analysts, however, remain skeptical of the government’s commitment to more bolder and politically sensitive reforms, such as opening up the jobs market to skilled foreign workers.
“The growth strategy will probably cover a lot of ground but will not go into much detail or explain the degree of commitment,” said Hiroshi Shiraishi, senior economist at BNP Paribas Securities.
“We need a series of reforms, such as more commitment to immigration, labor market reform and free trade.”
Since Abe took office in late 2012 he has vowed to kick-start a listless economy with bold structural reforms, but his first two growth strategy proposals have largely disappointed markets.
If the final version lacks punch, it would reinforce fears that Japan is not moving fast enough to counter the negative economic effects from a declining population and waning manufacturing base.
“Up until last year, the focus was on stimulating demand to create the virtuous cycle of economic growth,” Economics Minister Akira Amari told reporters after announcing the draft.
“Now we need to focus on stimulating industry, encouraging capital expenditure and investment in research.”
The draft reiterates Abe’s often-stated goals of increasing female participation in the workforce, opening up more to highly-skilled foreign labor and increasing productivity in the services sector, but action on these fronts has proved elusive.
To be sure, there have been some bright spots on reforms.
Abe’s government helped secure pay increases for workers at some firms. The corporate tax rate will fall, which has encouraged a small number of firms to bring production back home from overseas.
Tokyo is negotiating a free-trade pact with the United States and 10 other countries that will encourage Japan’s farms sector to reform by exposing it to more competition.
However, economists worry that unless the government encourages a radical shift to services from manufacturing, increases the birth rate and reverses a steep decline in the working-age population the potential growth rate will fall in the long term.
高屋山口スタンリー·ホワイトによる
日本は、人工知能として最先端の情報技術の詳細を集中するために、その企業を奨励することを目指したが、アナリストは、政府の成長戦略の最新ドラフトが経済を活性化するのに十分な実質的なことはないだろう。
政府はスタートアップや、日常の電化製品は、インターネットを介して互いに通信することを可能にする「モノのインターネット」などの分野でより多くの投資を促進したいと考え、政府が明らかにしました。
政府の計画は、ロイターが先に取得した草案のコピーを一致させます。
安倍晋三首相の政府はまた、政府がかかります正確な手順の詳細を欠いていた草案によれば、産業用ロボットの利用を推進していきたいと考えています。
政府は、おそらく今月末に起因する成長戦略の最終版を作り上げる前に、計画に詳細を追加します。
アナリストは、しかし、そのような熟練外国人労働者に雇用市場を開くなど、政府のコミットメントをより大胆かつ政治的に微妙な改革、の懐疑的なままです。
「成長戦略は、おそらく地上の多くをカバーしますが、多くの詳細に行くか、コミットメントの程度を説明できないだろう」博白石、BNPパリバ·セキュリティーズのシニアエコノミストは述べています。
「我々は、このような複数の移民へのコミットメント、労働市場改革や自由貿易などの改革、一連のを必要としています。」
阿部は後半に2012年に就任したので、彼は大胆な構造改革を物憂げな経済をキックスタートすることを誓ったが、彼の最初の2つの成長戦略の提案は、主に失望市場を持っています。
最終版はパンチを欠いている場合には、日本は人口減少からマイナスの経済効果に対抗するために十分な速度で移動し、製造拠点を衰退されていない恐れを強化することになります。
「昨年までは、焦点は経済成長の好循環を作成するために、需要を刺激していた、「経済大臣甘利は草案を発表した後、記者団に語りました。
「今、私たちは、業界を刺激する設備投資と研究への投資を奨励することに焦点を当てる必要があります。 “
ドラフトでは、労働力に女性の参加を増やす高度に熟練した外国人労働者へのより多くの開放やサービス部門の生産性を向上させる安倍しばしば述べた目標を繰り返すが、これらの面でのアクションは、とらえどころのないことが証明されています。
確かに、改革にいくつかの明るいスポットがありました。
安倍政権は、一部の企業の労働者のための安全な昇給を助けました。法人税率は、海外から帰って生産をもたらすために、企業の数が少ないことを奨励している、分類されます。
東京は、より多くの競争に曝すことによって改革する日本の農場部門を奨励する米国および10の他の国との自由貿易協定を交渉しています。
しかし、経済学者は、政府が製造業からサービスへのラジカルの移行を奨励していない限り、出生率を増加させ、潜在成長率が長期的に落ちる生産年齢人口の急激な減少を逆転させることを心配します。
Tags
Show More

Related Articles

Check Also

Close
Show Buttons
Hide Buttons
Close

Adblock Detected

Please consider supporting us by disabling your ad blocker